必要経費を少しでも多く申告するとは・・・?

FXでの利益を出すために投資セミナーに参加した場合、

なんだかんだ経費って掛かりますよね。

例えばこのセミナーが遠方であったため新幹線代がかかった場合、経費として計上出きます。

この他にも書箱やパソコン、インタネット回線、携帯電話によるパケット代

などが経費として考えられます。

インタネット回線などは、

FXのためにどれぐらい使っているかの割合分しか経費になりませんが、

FX専用のパソコンとインターネット回線があるなら全額経費と認められます。

FX 専用の携帯電話が有る場合はその基本使用料やパケット代も同様です。

なんだってたらいっそのこと事業として申告するのもひとつでしょう!

副業的な位置づけの多いFXですが、

税務署に事業として届け出ることで大きな節税になります。

事業扱いにした際の最大のメリットは、青色申告ができるという点にあります。

青色申告とは、一定の正確な帳簿作成を行なっている納税者には、

所得計算などにおいて様々な特典を考えておきましょうね。

ってやつです。

FXやネットビジネスなど、
副業をやられている方は一度事業申請を考えてみるのも良いでしょう。

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。