有価証券の評価損を計上をして節税

そもそも有価証券はその保有目目的によって
「売買目的有価証券」「売買目的以外の有価証券」区分されます。

売買目的有価証券とは、
トレーディング業務を日常的に行っている専門部署がある場合や
有価証券の取得時に帳簿書類に売買目的であることを記載し
特定の勘定科目による区分管理している場合をいいます。

一般的には、
売買目的有価証券に区分しない、投資有価証券がほとんどと言います。

期末における有価証券の評価額

投資有価証券は取得原価による金額で評価するを言われてます。
売買目的有価証券は期末の市場価額の変動による毎期期未に損益を計上しなければなりません。

投資有価証券は取得原価による評価ですので、株価が変動しても原則として、
評価額は変えられないのです。

投資有価証券の評価損を計上できる場合

 投資有価証券は原則として期末評価換えは出来ません。
一定の事実が生じた場合は、評価損を計上できることになってます。

有価証券を取得する際には目的をはっきり持って購入しましょう。

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。