試験研究費を計上して節税

試験研究費とは
開発費とは新技術の採用や新市場の開拓など特定の目的に支出した費用のことです。
この費用を計上することで節税になるのですね。

研究開発税制について:-

法人が試験研究費を支出した場合、その試験研究費の支出額をもとに算出した一定の金額を、
法人税の額から控除することが出来ます。

企業の試験研究活動を促進し、科学技術の向上その他開発力の強化を、
援助するという政第的な見他から設けられてる制度なのです。

試験研究費の額とは何?

この制度の対象となる試験研究費の額とは、
製品の製造や技術改良、考案若しくは発明に係る試験研究のために要する原材料費人件費及び経費のほか、
他者に試験研究を支払う費用などの額となります。

1 試験研究費の総額に係る税額控除制度

この制度は、青色申告法人のその事業年度において、

損金の額に算入されす試験研究費の額がある場合に、
その試験研究費の額が一定割合の金額をその事業年度の法人税額控除することを認めるものなのです。

研究によって節税ができるのはモノづくり大国では嬉しい制度ですね。

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。