サラリーマンの副業

最近ではサラリーマンが安定しているなんて
そんな時代ではないのです!

近頃

現状の収入では生活が苦しい・・・

年金もあてにならない老後に不安を感じている・・・

予期せぬ倒産やリストラに備えておきたい・・・

といった理由から副業を始めるサラリーマンが増えてきています。

そんな中、
「勤め先が副業を禁止しているので、会社には内緒で副業したい」

と思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで!

どうやれば会社に副業していることを隠せるか?
儲かった場合の税金はどうなるか?

CHECKしてみましょう!

住民税を普通徴収にしましょう。

会社員の副業が会社にバレしまう原因の多くは市民税の金額によるものです。

一般的な会社員の場合は「市民税は給与から天引きされる」場合が多いです。

給料が同じ他の社員がいて、

その人よりも自分の市民税が多かったら、会社の給料計算をしている人は不思議に思いますよね??

副業で誰かったら税金はかかるの・・・

サラリマーンの場合、給料手当による収入は給与所得となりますが、
副業による収入は雑所得もしくは事業所得になります。

通常の場合、副業による収入は雑所得となり、

副業の所得が年間20万円を超えてしまうと
確定申告をしなければならなくなり税金が掛かってきます。

しっかりと然るべき人に相談しましょう。

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。