18歳・19歳がカードローンでお金を借りる方法!即日借りたい金融を紹介

18歳19歳お金借りる

「18歳、19歳でお金が借りられるか不安」「20歳未満でも即日融資は可能?」など、20歳未満がお金を借りるときにはさまざまな不安が頭をよぎります。

カードローンやクレジットカードでのキャッシングは、一般的に20歳以上でないと利用できません

しかし、2022年4月からは成人年齢が20歳から18歳に引き下げられたため、20歳未満の人のなかには「2022年4月以降は大手消費者金融などでもお金を借りられるのでは?」と思う人も多いでしょう。

基本的にカードローンの審査に通るためには安定した収入が必要なため、収入が少ない18歳19歳が審査通過できるかどうかは微妙なところです。

本記事では、18歳・19歳がカードローンでお金を借りる方法について徹底解説しています。18歳や19歳でも即日融資が可能なカードローンもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

18歳や19歳がお金借りる方法はカードローン含め5種類

18歳や19歳がお金を借りる方法は、大きく分けて下記の5種類があります。

カードローン 一般的なカードローン。18歳・19歳ならプロミスで利用可能
目的ローン 利用目的が決められているローン
学生ローン 大学生向けに提供されているローン
クレジットカードのキャッシング クレジットカードのキャッシング枠を利用する
借入以外で現金を入手する ・アルバイト給与の前借り
・単発バイト
・後払いやキャリア決済
・質屋やフリマで不要品を販売する

カードローンの選択肢は限られていますが、それ以外にもお金を借りる方法はありますし、お金を借りる以外の方法でも現金は調達できます。

18歳や19歳が利用できるカードローン(消費者金融)

18歳や19歳が利用できる消費者金融カードローン

一般的に消費者金融をはじめ銀行カードローンには申込年齢が定められており、「利用は20歳以上」となっているケースがほとんどです。

ただ、下記プロミスは18歳や19歳でも利用が可能です。

プロミス申込条件 ・年齢条件…18~74歳
・収入条件…本人に安定した収入があること
※主婦、学生、アルバイト・パートなどでも安定した収入がある場合は申込可。
ただし、高校生および収入が年金のみの場合は不可
限度額 最大500万円
貸付金利 年4.5%~17.8%
即日融資 可能
貸付金利 年4.5%~17.8%
公式サイトURL https://cyber.promise.co.jp/

プロミスなら、18歳や19歳でもカードローンから即日融資が受けられるので、すぐに現金が必要な場合におすすめです。

プロミスはアルバイト収入があれば18歳でも最短3分で審査回答

プロミスは18歳19歳でもアルバイトで借入れ可能

プロミスは申し込みから最短3分で審査結果がわかるスピード感が魅力で、即日融資も受けられるカードローンです(※プロミスの最短3分融資は、お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます)。

専用アプリから申し込みや契約・借入れまでを完結できるため、郵送や来店も不要で利用できる利便性が魅力です。

プロミスの申込条件は「18歳以上の方(高校生は除く)で安定収入があること」となっていますので、一定額のアルバイト収入があれば18歳でも即日融資が受けられます。

ただし、プロミス審査の申込条件で重要なのは「収入が安定していること」です。

日雇いアルバイトや登録制アルバイトなど、働いていたとしても収入が不安定な場合は審査に落ちる可能性があります。

たとえ毎月5万円でもいいので、安定したアルバイト収入がある状態で申し込むのが理想です。

プロミスの基本スペック

申込対象 ・年齢条件…18~74歳で本人に安定した収入があること
※主婦、学生、アルバイト・パートなどでも安定した収入がある場合は申込可。
ただし、高校生および収入が年金のみの場合は不可
限度額 最大500万円
貸付金利 年4.5%~17.8%
即日融資 最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます

アコムなら20歳以上でWebから即日借りられる

アコムは18歳19歳は申し込みできない

アコムは20歳以上しか申し込みできないカードローンですが、Web完結で申込めるうえ即日融資にも対応しています。

アコムならWeb申込または自動契約機でも申込可能で最短20分の融資にも対応しているため、すぐに現金が必要な場合にも安心して利用できるカードローンです。

審査時間も土日祝を問わず9:00~21:00まで対応していますので、急な飲み会やレジャーなど夜にお金が必要になったときでも頼りになるカードローンといえます。

18歳や19歳で利用できる大手消費者金融は、いまのところプロミスだけです。

プロミスとアコムの利用条件や金利などのスペックはほぼ同じですので、アプリの使い方や自動契約機の設置場所などで選ぶといいでしょう。

アコムの基本スペック

申込対象 ・20歳以上
・安定した収入と返済能力があること
限度額 最大800万円
貸付金利 年3.0%~18.0%
即日融資 最短20分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
18歳19歳利用時の注意点 20歳以上しか申込不可

18歳19歳が即日でお金借りるときの注意点

18歳19歳が即日でお金を借りるときは、下記の4点に注意してカードローンなどを利用しましょう。

利用時の注意点

・カードローンの申込条件を確認してから手続きする
・アルバイトは3ヵ月継続してから申し込む
・本人確認書類と収入証明書類を事前に用意しておく
・9:00~21:00までに申し込む

上記5点について詳しく理解していないと、審査の段階で慌てる場合もあります。

最悪のケースでは審査落ちするケースもありますので、下記の解説をぜひ参考にしてください。

カードローンの申込条件を確認してから手続きする

20歳未満が申込する場合は利用条件を確認すること

カードローンにはそれぞれ申込条件が定められており、条件を満たしていなければ、そもそも申し込み自体ができません。

ちなみにプロミスは18歳から申し込めますが、他社大手消費者金融の申込条件は「20歳以上」となっています。

例:プロミスとレイクの申込条件を比較

プロミス 年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方
レイク 満20歳以上70歳以下の方で、安定した収入のある方
(パート・アルバイトで収入のある方も可)

上記のようにレイクは20歳以上が申込条件なので、18歳や19歳の人は申し込んでも書類審査でNGとなってしまいます。

ードローンを利用する場合は事前に各社の利用条件を確認して、18歳や19歳でも申し込めることを確認してから手続きをはじめるようにしましょう。

アルバイトは3ヵ月継続してから申込む

カードローンの申し込みには直近2ヶ月分の給与明細書が必要なため、アルバイトは最低でも3ヶ月継続してから申込んでください。

18歳や19歳の人がカードローンに申し込む際には収入証明書の提出が必須で、プロミスでも確実に収入証明書の提出が求められます。

アルバイトをやりはじめたばかりの18歳だと昨年分の源泉徴収票は提出できませんし、3ヵ月以上勤務しないと2ヵ月分の給与明細は提出できません。

カードローンでお金を借りる予定のある方は、アルバイト先から発行される給与明細書を大切に保管しておくようにしましょう。

本人確認書類と収入証明書類を事前に用意しておく

給料明細と運転免許証の画像

カードローンへの申し込みの際には、必要書類を事前に用意しておくといいでしょう。

必要書類を準備しておかないと手続き途中で慌てることになりますし、万一必要な書類が整わないと審査に落とされる可能性もあります。

プロミスの必要書類を例に、どのような書類が必要なのか把握していきましょう。

まず、カードローンの申し込みでは、最低限本人確認書類を用意する必要があります。

本人確認書類の種類

・運転免許証※経歴証明書も可
・パスポート(2020年2月3日以前に申請、発行されたもの)
・マイナンバーカード(通知カードは不可)
・在留カード/特別永住者証明書
※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

本人確認書類に記載の住所と現在の居住地が異なる場合は、本人確認書類と一緒に下記の補助書類も必要です。

免許住所と居住地が異なる場合

・公共料金の領収書(電力会社・水道局・ガス会社・NHK発行のもの)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書

また、18歳や19歳がカードローンに申し込むときは、収入証明書が必要です。

収入証明書種類

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・税額通知書(最新のもの)
・所得(課税)証明書(最新のもの/「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
・給与明細書(直近2か月分)+賞与明細書(直近1年分)

収入証明書はかならず提出が必要なわけではなく、下記の条件に該当する場合のみ提出します。

収入証明書が必要なケース

・ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま
・お申込時の年齢が19歳以下のお客さま

現在18歳や19歳の人でも20歳になったタイミングでカードローンに申し込むと、他社借入れがなければ基本的に収入証明書不要で借りることができます。

「収入証明書類の提出が面倒」と思うなら、20歳になるまでカードローンの利用を控えるのもひとつの手段です。

消費者金融などの貸金業からは総量規制によって年収の1/3を超える借入をすることができません。

18歳19歳がお金を借りるなら9:00~21:00までに申し込む

カードローンの申し込みは9時から21時までにすること

即日でお金を借りたい場合は、消費者金融カードローンの審査対応時間内に申し込む必要があります。

消費者金融のカードローンは24時間Web申込が可能ですが、審査は24時間対応ではありません。

そのため、審査対応の時間外に申し込むと翌日以降の審査になるため、即日融資が利用できなくなります。

プロミスの審査対応時間は9:00~21:00なので、この時間内に申し込むのが即日融資を受けるためのポイントです。

また、より確実に最短融資を受けたい場合は自動契約機の利用がおすすめです。

自動契約機なら、手続きがわからなくても備え付けのインターフォンでオペレーターに聞きながら操作ができますし、契約完了後はその場でカードを受け取れます。

Web申込で振込キャッシングを利用する方法もありますが、金融機関によっては夜間早朝や土日の振込に対応していないケースもあるため注意が必要です。

アルバイト先に在籍確認の電話がかかってくる準備をしておく

カードローンに申し込むと、勤務先への在籍確認の電話がかかってくるケースがあります。

在籍確認の電話は、カードローンの申込者が申告したアルバイト先で本当に働いているかを確認するためにおこなわれます。

つまり在籍確認の電話は「返済能力の審査」の一環で実施されるものです。

もしアルバイト先に電話をしてつながらなかったり、電話に出た同僚が受け応えを間違って「〇〇のようなものはいません」と回答したりすると、審査落ちの可能性が高まります。

ただ、プロミスでは在籍確認の電話は原則おこなわれません。

Q:申込をしたら、勤務先に電話はかかってきますか?
A:原則、お勤めされていることの確認はお電話では行いません。ただし、審査の結果によりお電話による確認が必要となる場合がございます。(ご連絡の際は担当者の個人名でおかけし、プロミス名はお伝えいたしませんのでご安心ください。)
(引用元:プロミス「よくあるご質問」)

なお、申込内容に不備がある場合や本当に働いているか疑わしい場合は在籍確認の電話がおこなわれるケースもあります。

在籍確認の電話が不安なら、収入証明書を提出して「書類での在籍確認」に切り替えてもらえるようお願いしましょう。

目的ローンなら18歳や19歳でも申し込めるところがある

利用目的が決められてる目的ローンであれば、18歳19歳でも申し込める場合があります。

お金の使い道は特定用途に制限されてしまうものの、年齢や金利の条件が有利になっているため、使い道がハッキリしている場合におすすめです。

目的ローンにはおもに下記のような種類があります。

目的ローンの例

・銀行の目的ローン(中国銀行、十八親和銀行、スルガ銀行、信用金庫、ろうきん、みずほ銀行)
・お店の目的ローン(イオン、島村楽器)

中国銀行の目的ローンは18歳以上が対象

中国銀行目的ローン

中国銀行目的ローンは18歳以上から使えるローンで、さまざまな用途で借入れが可能です。

旅行やスポーツ、イベント、買い物などの用途にも対応しており、年5.775%の低金利での借入れができるため利息の負担も低く抑えられます。

ただしローンに申し込む際、使い道が分かる書類の提出が必要なので、契約書や請求書など利用用途がわかる書類を用意しておくといいでしょう。

中国銀行の目的ローンは申し込みから借入れまで1週間程度かかりますが、低金利での借入れができるのでおすすめです。

中国銀行目的ローンの概要

申込対象 ・申込時の年齢が満18歳以上満65歳以下
・安定継続した収入があること
※新社会人、新卒の就職内定者でも申込可
限度額 最大500万円
貸付金利 年5.775%
即日融資 不可
18歳19歳利用時の注意点

十八親和銀行の目的ローンは18歳以上でバイクやカメラ購入にも使える

十八親和銀行の目的ローン

十八親和銀行目的ローンは、カメラや楽器・ロードバイクなど、さまざまな品物の購入に使えるのが魅力です。

18歳以上から利用できて、貸付け金利は「年6.0%」と、消費者金融よりも低い金利でお金が借りられます。

ただ、十八親和銀行の目的ローンは利用できる人のエリアが限定的です。

長崎県外に住んでいる人や、自宅や勤務先エリア内に十八親和銀行の支店がない場合は申し込めない可能性があるので注意してください。

十八親和銀行の目的ローンの概要

申込対象 ・借入時の年齢が満18歳以上65歳以下
・収入があること(パート・アルバイトの方は除く)
限度額 最大300万円
貸付金利 年6.0%
即日融資 不可
18歳19歳利用時の注意点 収入がアルバイトのみの方は不可

スルガ銀行の目的別ローン(カード型)は繰り返し利用も可

スルガ銀行目的ローン

スルガ銀行目的別ローン(カード型)は、用途が限定された目的ローンで、追加融資も受けられる点が魅力です。

18歳以上で安定した収入がある方であれば誰でも申し込みが可能で、自動車や住居のリフォーム、教育、そのほかさまざまな目的で借入れができます。

金利は年2.5%~10.0%と消費者金融よりも低く、最大1,000万円まで借入れが可能なので、幅広い用途で使えます。

利用時には使い道が確認できる書類(見積書や領収書)の提出が必要です。

スルガ銀行の目的別ローン(カード型)の概要

申込対象 ・申込時の年齢が18歳以上65歳未満(目的別ローン完済時の年齢は70歳以下)
・安定した収入があり継続した取引が見込まれること
限度額 最大1,000万円
貸付金利 年2.5%~10.0%
即日融資 不可
18歳19歳利用時の注意点 収入がアルバイトのみの方は不可

はくさん信用金庫の自動車ローンは18歳以上も対象

はくさん信用金庫の自動車ローンは18歳以上も可能

はくさん信用金庫自動車ローンは、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられたのを機に18歳からでも利用できるようになりました。

住んでいる地域の信用金庫にもよりますが、近所に信用金庫があるなら18歳でも利用できないか、検討してみる価値はあるでしょう。

はくさん信用金庫の自動車ローンなら最長10年の返済期間が設けられているため、柔軟な返済計画を立てられるのも魅力です。

6ヶ月間の返済元金据置にも対応しており、収支のバランスを見直したいときにも臨機応変な返済ができます。

高校を卒業して自動車を購入する際には、信用金庫の自動車ローンがおすすめです。

はくさん信用金庫の自動車ローンの概要

申込対象 ・満18歳以上の個人
・信用金庫の営業地区内に住んでいるまたは勤めていること
限度額 最大1,000万円
貸付金利 要確認
即日融資 不可
18歳19歳利用時の注意点 収入がアルバイトのみの方は不可

ろうきんのWeb完結型フリーローンは18歳以上で勤続1年以上が対象

九州ろうきんのWeb完結型フリーローンは、18歳以上の方が利用できるローンサービスです。

ただ、年齢以外の条件が他社よりも厳しく設定されています。

「同一の勤務先に1年以上勤務している」「前年度年収が150万円以上ある」など会社勤めでなければ条件を満たすのが難しいため、アルバイトで収入を得ている学生では申し込めない可能性が高いです。

しかしながら、高校卒業後に就職してお金を借りる場合には低金利でお得な選択肢といえるでしょう。

九州ろうきんのWeb完結型フリーローン概要

申込対象 ・満18歳以上で最終ご返済時の年齢が満76歳未満
・同一勤務先に原則1年以上勤務していること
・安定継続した収入があり、前年度税込年収が150万円以上
・「九州ろうきん」に出資のある会員の間接構成員、または九州ろうきんの営業管轄エリア内に居住もしくは勤務している勤労者
限度額 最大300万円
貸付金利 年3.9%~5.5%
即日融資 不可
18歳19歳利用時の注意点 収入がアルバイトのみの方は不可

みずほ銀行多目的ローンは18歳以上申込可能で家電製品の購入も対象

みずほ銀行多目的ローンは18歳以上申込可能

みずほ銀行多目的ローンは18歳以上でも申込みが可能で、自動車やインテリア・家電製品の購入など幅広い用途で利用できます。

ただし、「勤続年数が2年以上」で「前年度年収が200万円」など年齢以外の利用条件が厳しいため、利用できる人は限定的です。

みずほ銀行多目的ローンの概要

申込対象 ・借入時の年齢が満18歳以上満66歳未満
・最終返済時年齢が満71歳未満
・勤続年数(自営の方は営業年数)2年以上
・前年度税込年収(個人事業主の方は申告所得)が200万円以上で安定かつ継続した収入が見込めること
限度額 最大300万円
貸付金利 年5.875%~6.900%
即日融資 不可
18歳19歳利用時の注意点 勤続年数2年以上が申込条件

オリコプロダクトファイナンスの運転免許ローンは6ヵ月の返済猶予も有

オリコプロダクトファイナンスの運転免許ローンは、運転免許の取得費用目的で利用でき、6ヶ月間の返済猶予も可能です。

また返済回数は最大60回と余裕のある分割払いが可能で、支払開始月を最長6ヶ月まで延ばせるうえ、支払開始までは手数料がかかりません。

「進学後・就職後にお支払いしたい」そんなご要望にお応えし、最長6ヶ月後からのお支払いが可能です。
(引用元:オリコプロダクトファイナンスの運転免許ローン公式サイト

教習所の費用を一括で支払うのは大きな負担になりますが、月々3,000円程度の分割払いでも支払いが可能なので無理なく免許の取得に集中できるでしょう。

オリコプロダクトファイナンスの概要

申込対象 18歳以上
限度額 最大50万円
貸付金利 要確認
即日融資
18歳19歳利用時の注意点

島村楽器のショッピングクレジットは18歳以上も対象

島村楽器のショッピングクレジット

島村楽器ショッピングクレジットは、島村楽器で購入した商品を低金利ローンで購入できるサービスです。

18歳以上であれば誰でも申し込みができ、年率1.38%~2.84%と非常に低い金利でローンが組めます。

憧れのギターやピアノなど一括で購入するのが難しい商品も多いですが、島村楽器のショッピングクレジットなら無理のない返済プランで購入できるでしょう。

Webからの申し込みであれば、36回払いまで分割手数料が0円になるキャンペーンも実施中です。

島村楽器のショッピングクレジット概要

申込対象 18歳以上(高校生除く)
限度額 要確認
貸付金利 年1.38%~2.84%
即日融資
18歳19歳利用時の注意点

学生ローンなら18歳や19歳でも即日お金借りるのは可能

学生ローンなら18歳や19歳でもお金を借りることができる

18歳以上で大学や短大、専門学校などに通っているなら「学生ローン」を利用するのもおすすめです。

学生ローンはその名のとおり学生向けに提供されているローンで、年収や勤続年数など難しい利用条件は設けられておらずアルバイト程度の収入があれば申し込めます。

金利も大手消費者金融より低い場合があるため、海外旅行やイベントなど在学中にまとまったお金が必要になった際はぜひ学生ローンを利用してみてください。

フレンド田は収入証明書があれば18歳19歳でも借りれる

フレンド田は18歳19歳でもお金を借りれる

フレンド田は、収入証明書を提出すれば18歳・19歳でも申し込める学生ローンです。

収入証明書は給与明細などで構わないので、アルバイト先から発行される明細書を保管していれば申し込めるでしょう。

大学生や短大・専門学校・予備校生でアルバイト収入があれば誰でも申し込めますし、学生ローンとして長年の実績があるので安心して利用できます。

金利は年率12.00%~17.00%で大手消費者金融の上限金利よりも若干低めです。

学生でも審査に通りやすい点や、最大50万円までの借入れに対応している点などが魅力です。

フレンド田の概要

申込対象 ・大学生、短大生、専門学生、予備校生
・必要書類を提示できること
・安定した収入があること
限度額 最大50万円
貸付金利 年12.0%~17.0%
即日融資 要確認
18歳19歳利用時の注意点 18歳、19歳の申込みについては収入証明書(給与明細、収入がわかるもの等)が必須

学生ローンマルイは親の承諾不要で18歳や19歳が申し込める

学生ローンマルイは18歳19歳でも親の承諾がいらない

学生ローンのマルイは、18歳19歳でも親の同意不要で申し込める消費者金融です。

学生であれば誰でも申し込めまますし、プライバシーに最大限の配慮をしてくれるため、家族や友人にもバレずに借入れができます。

スマホ完結かつ来店不要で契約でき、16:30までの契約であれば即日融資にも対応してくれます。

最大100万円までの借入れが可能で、他社よりも高めの設定になっているのも魅力です。

卒業までに完済する必要はなく、社会人になってから本格的に返済をするプランも利用可能です。

学生ローンマルイの概要

申込対象 日本全国の学生またはマルイの会員(社会人可)
限度額 最大100万円
貸付金利 年12.0%~17.0%
即日融資 要確認
18歳19歳利用時の注意点

カレッヂは高卒以上なら18歳19歳でも即日借りられる

学生ローンカレッヂは高卒以上なら18歳19歳でも借りれる

カレッヂは、高校生以上であれば誰でも即日融資が可能な学生ローンです。

18歳や19歳で申し込む場合は直近のアルバイト給与明細が必要となりますが、在籍確認は実施されないので余計な心配をせずに済みます。

全国の学生を対象にサービスを提供していますし、創業46年の豊富な実績があるので安心して借入れができるでしょう。

プライバシーにもしっかりと配慮してくれるため、職場や家族、学校に借金がバレる心配もありません。

カレッヂの商品概要

申込対象 ・日本国籍があること
・高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生
・安定した収入があること
限度額 最大50万円
貸付金利 年17.0%
即日融資 要確認
18歳19歳利用時の注意点 18歳19歳は収入証明が必要

18歳19歳がキャッシングできるクレジットカード

18歳19歳がキャッシングできるクレジットカードを紹介

カードローン以外でお金を借りる方法としては、クレジットカードのキャッシングもあります。

ただ、クレジットカードを使って18歳や19歳がキャッシングできるのかよくわからないケースも多いでしょう。

そこで、ここからは18歳や19歳の人がクレジットカードのキャッシングでお金を借りる方法を詳しく解説します。

主要クレジットカード別18歳19歳のキャッシング利用可否一覧

基本的にクレジットカードのキャッシングサービスを利用し、お金を借りることは可能です。

ただ、残念ながらクレジットカードのキャッシングは満20歳以上から利用できるケースがほとんどです。

18歳や19歳の場合クレジットカードそのものは発行されますが、キャッシング枠を設定するのは不可能です。

ライフカード 20歳未満不可
楽天カード 20歳未満不可
イオンカード 20歳未満不可
セゾンカード 20歳未満不可
JALカード 20歳未満不可
ANAカード 20歳未満不可

クレジットカードで18歳や19歳がお金借りるのが難しい理由

では、なぜ一部の消費者金融が18歳や19歳から申し込めるのに、クレジットカードのキャッシングは不可能なのでしょうか?

18歳や19歳の人がクレジットカードのキャッシングを利用できないのは、「カード会社が若年層の支払い能力を不安視していること」が背景にあります。

たしかに20歳未満でもアルバイト収入があったり正社員として給料を得たりしていて、十分な返済能力がある人もいるでしょう。

ただ、クレジットカードの支払いとなると「ショッピング利用額+キャッシング利用額」の合算を利用枠として設定するため、人によっては利用額が大きくなる場合があります。

18歳・19歳だと社会人経験が少ないうえ、アルバイトがメインで収入も安定しないことから、クレジットカード会社は慎重な姿勢を示しています。

18歳でも家族カードでキャッシングすることは可能

家族カードであれば、一部のクレジットカードでキャッシングの利用も可能です。

ただし、家族カードの請求は親など本会員に届きますので、お金を借りるときは事前に本会員に伝えておくのがおすすめです。

カード会社によって対応は異なりますが、家族カードのキャッシングを認めているところは多いです。

セゾンカードは家族カードのキャッシングが可能

Q「家族カードでキャッシングの利用はできますか。」
A「本会員様のカードにキャッシング可能枠が付与されていて、かつ家族カードのキャッシング機能を設定されている場合は、本会員様のキャッシング可能枠の範囲内でご利用が可能です。
(引用元:セゾンカード「よくある質問」

UCカードも家族カードのキャッシングが可能

Q「家族カードでキャッシングの利用はできますか。」
A「本会員さまのカードにキャッシング可能枠が付与されている場合は、本会員さまのキャッシング可能枠の範囲内でキャッシング1回払いのみご利用が可能です。
(引用元:UCカード「よくある質問」

家族の同意が得られた場合は親のクレジットカードで家族カードを発行してもらい、キャッシングを利用しましょう。

18歳19歳が即日お金借りる場合に覚えておくべき基礎知識

18歳19歳がお金を借りる時に知っておくべき知識

カードローンや学生ローンで簡単にお金が借りられるかもしれませんが、20歳未満の若年層が即日お金を借りる場合は、下記5点に注意するようにしましょう。

覚えておきたい知識

・お金を借りるときは審査に通過しなければいけない
・カードローンの返済で延滞すると将来のローン審査に影響する
・カードローンには金利負担が重くのしかかる
・クレジットカードやカードローンの審査で見られるポイントに注意する
・本人情報やアルバイト先の虚偽申込みは絶対バレる!

お金を借りるときは審査に通過しなければいけません

お金を借りるときは所定の審査に通過しなければいけません。

カードローンなどのローンサービスでは、申込者の信用度調査が義務付けられているため、審査なしでお金は借りられません。

貸金業者は、借り手の収入、借入れの状況などを基に審査を行い、返済能力の有無の判断を行っています
(引用元:日本貸金業協会「お借入れは年収の3分の1までです」

審査では返済能力や信用情報が確認されるため、18歳19歳の方であればアルバイト程度の収入を得ておく必要があるでしょう。

カードローンの返済で延滞すると将来のローン審査に影響する

カードローンの返済を延滞すると信用情報にマイナスの履歴が残ってしまい、今後のローン審査に影響が出る場合があります。

信用情報には「元本または利息の支払の遅延の有無」が記録されており、新たに申込みを受けたローン会社が過去の延滞履歴を認識した場合、審査通過NGとする場合があります。

Q「借入れすると、どのような情報が指定信用情報機関に提供されるのですか?」
A「貸金業者が指定信用情報機関に提供することが義務づけられている信用情報(個人信用情報)は次のとおりです。
(4)元本または利息の支払の遅延の有無」
(引用元:日本貸金業協会「お借入れすると借入れ金額などの情報が信用情報機関に提供されます」

ちょっとした不注意で延滞してしまうケースはありますが、延滞すると長期に渡ってローンやカードの審査に影響が出る場合があるため、毎月の返済には絶対に遅れないようにしましょう。

カードローンには金利負担が重くのしかかる!金利計算のやり方を解説

カードローンでは年15~18%の高い金利負担がかかるため、返済が長期化すると利息が膨らんでしまいます。

軽い気持ちで少しお金を借りただけなのに、返済が長引いて利息が元金を上回るケースもあるので注意してください。

利息の計算方法は「元金×利率×借入期間」の計算式で算出できます。

たとえば50万円を金利18%で30日間借りた場合の利息は、下記のとおりとなります。

「50万円×18.0%÷365日×30日=利息約7,400円」

カードローンでは返済シミュレーションを利用し利息の総額を計算できるので、利用前に確認した上で計画的な利用を心がけましょう。

クレジットカードやカードローンの審査で見られるポイント

クレジットカードやカードローンは信用情報を見られる

クレジットカードやカードローンの申し込みでは、信用情報機関に登録された申込者の信用情報が審査されます。

信用情報では下記の情報が登録されており、審査に用いられます。

本人を識別するための情報

・氏名
・住所
・生年月日
・電話番号
・勤務先の称号または名称
・運転免許証番号
・パスポートなどの本人確認書類に記載されている本人を特定するに足りる記号番号(当該書類により本人確認を行った場合)

契約内容など

・契約年月日
・貸付金額
・貸付残高
・元本または利息の支払遅延の有無

カードローンの審査では、基本的な個人情報のほか「他社の借入状況」や「返済などの遅延の有無」がかならずチェックされます。

もし自分の信用情報が不安なら、各信用情報機関の本人情報を確認するといいでしょう。

本人情報やアルバイト先の虚偽申込みは絶対バレる!

「アルバイトをしていないから嘘のバイト先で申し込む」など、虚偽の申し込みは絶対にバレます。

アルバイト先のほかにも「年収を多く記入する」などの嘘は確実にバレるので絶対にしないでください。

ウソをつくような信用のない人に消費者金融などはお金を貸しません。

自身のプロフィールに自信がなくても正直な内容を記入するようにしてください。

18歳や19歳がお金を借りる以外で現金を手に入れる方法

18歳19歳がお金を借りる以外で現金を手にする方法を解説

18歳や19歳の人がお金を借りるのには多少のハードルがあるので、そのほかの選択肢も候補に入れておくといいでしょう。

ローンやカード以外で現金を手に入れる方法としては下記の4つがあげられます。

現金を手に入れる方法

・アルバイト給与の前借り
・単発バイト
・後払いやキャリア決済
・質屋やフリマで不要品を販売する

アルバイト給与の前借り

アルバイトをしている方であれば、給与の前借り制度を利用する方法があります。

勤務先が前借り制度に対応していることが条件ですが、給与の前借りを利用すれば給料日前でも現金が受け取れます。

さらに、自分の給与を前借りしているため返済は不要です。

ただし、前借りした月の翌月給料からは前借りした金額が差し引かれますので、計画的に利用するよう心がけましょう。

給料の前借りといっても働いた給料分の約90%程度しか借りられないのが一般的ですので、利用する前借りサービスで利用可能額なども確認しておくのがおすすめです。

参考

・楽天早トク給与
https://salary.rakuten.co.jp/
・給与前払いサービス「即給 byGMO」
https://www.gmo-pg.com/service/sokkyu

単発のバイトでお金を借りずに現金を手に入れる

18歳19歳なら単発バイトでお金を稼ぐことができる

1日単位で稼げる単発バイトに行けば8,000円~10,000円程度の給料が稼げるので、手軽に現金が入手できます。

単発バイトであれば誰でも簡単にこなせる仕事も多いですし、気軽に応募ができるのも魅力です。

働いて稼いだお金なので借金とはまったく異なりますし、返済の心配をする必要もありません。18歳・19歳の学生であればさまざまな単発バイトに応募できるでしょう。

参考

・バイトル
https://www.baitoru.com/lp/oneoff/

後払いやキャリア決済なら商品を先に手に入れられる

d払いなどの後払いなら支払いを後にできる

後払いサービスやキャリア決済を利用すれば、購入した商品代金を後日支払うため手元に現金がなくても欲しい物が手にはいります。

たとえばNP後払いなら商品購入時に送られてくる請求書で後日払いも可能ですし、auやドコモなどのキャリア決済なら携帯電話の利用料金と一緒に商品購入代金の決済が可能です。

「給料日を待たずにいますぐ買いたい!」などの場合におすすめのサービスです。

参考

・NP後払い
https://np-atobarai.jp/about/
・auかんたん決済
https://id.auone.jp/payment/pc/guide/

質屋やフリマで不要品を販売する

質屋やフリマで不用品を売却すればまとまったお金が手に入ります。

手にはいる金額は売却した品物にもよりますが、価値の高い品物であればそれなりの金額で売れます。

お金を入手できるのと同時に断捨離もできるので、家に不要なものがある場合には処分してお金に換えましょう。

参考

・メルカリ
https://jp.mercari.com/

18歳が即日お金を借りるときでも利用してはいけない借入先

20歳未満がお金を借りるための選択肢は限られていますが、下記のような借入先は絶対に利用しないでください。

利用NGの借入先

・Twitterで募集されている個人間融資
・市場調査を装って消費者金融に申し込ませる業者
・給与ファクタリング
・無審査や他社断られた方OKと広告している金融業者
・連絡先が携帯やLINEのみの貸金業者

Twitterで募集されている個人間融資

Twitterで募集されている個人間融資の勧誘は、個人を装った闇金融業者の可能性もあるため危険です。

違法業者は法外な金利を請求してくるケースも多く、個人情報を提供すると悪用される危険性もあり、さまざまなトラブルに巻き込まれる原因となります。

「親切に貸してくれそうだし3万円くらいならいいか…」などと、安易な気持ちで利用すると後々後悔することになりますので、絶対に個人間融資は利用しないようにしましょう。

個人間融資では、個人を装ったヤミ金融業者により違法な高金利での貸付けが行われるほか、個人情報が悪用されるなどして、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。
(引用元:金融庁「SNS等を利用した「個人間融資」にご注意ください!」

市場調査を装って消費者金融に申し込ませる業者

市場調査と装って消費者金融に申し込ませ、借りたお金を騙し取る詐欺業者もいます。

消費者金融会社の調査」等の名目で「お金を借りるだけのアルバイト」と称して消費者金融会社から金銭を借り受けさせ、一定のアルバイト料を支払った上で「返済はこちらでやっておく」と発行されたカード(暗証番号も)もろとも金銭をだまし取る。集まったお金とカードで返済と借入を繰り返すため、返済が行なわれている間は発覚せず、長期間だまされていることに気付かない。
(引用元:金融庁「違法な金融業者にご注意!」

被害に遭うと、結果的に借金だけが残るだけになるため、甘い広告には乗らないようにしましょう。

給与ファクタリングはおすすめできない

給与の受取債権を元にお金が借りられる給与ファクタリングも、違法な闇金融業者の被害に遭う可能性があるので注意が必要です。

給与ファクタリングは、高額な手数料が差し引かれて手元に残るお金が少なくなることもありますので、利用は控えてください。

貸金業登録を受けていないヤミ金融業者により、年率換算すると数百~千数百%になる手数料を支払わされたり、大声での恫喝や勤務先への連絡といった私生活の平穏を害するような悪質な取立ての被害を受けたりする危険性があります。
(引用元:金融庁「ファクタリングに関する注意喚起」

無審査や他社断られた方OKと広告している金融業者

「審査なしでお金を借りれる」や「他社に断られた方もOK」などの広告を出している金融業者は、お金に困っている人をターゲットにする闇金業者の可能性が高いです。

お金を貸すときはかならず審査をおこなわなければならないため、審査がないのはそもそも違法なやり口なので、絶対に利用しないでください。

「低金利で融資」「他店で断られた方でもOK」「らくらく・簡単」「即日融資」など利用者の心理をついて誘い込んできます。特に、自己破産者や返済に困っている多重債務者をターゲットに勧誘してきます。
(引用元:引用元:金融庁「違法な金融業者にご注意!」

連絡先が携帯やLINEのみの貸金業者は要注意

貸金業者の連絡先の電話番号が携帯のものや、LINEでしか連絡できない場合には、怪しい会社だと疑った方がいいでしょう。

健全な企業であれば連絡先をきちんと明記していますし、詐欺被害に遭った場合、携帯やLINEだと連絡が途切れてしまう可能性が高いです。

また、正規の貸金業者は公式サイト上に「貸金業の登録番号」や「都道府県知事の登録番号」を明記する義務があります。

そもそも貸金業登録の番号がなかったり、嘘の番号を記載したりしている業者は要注意です。

参考

・金融庁「登録貸金業者情報検索サービス」
https://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/

18歳19歳がカードローンでお金を借りる方法まとめ

18歳や19歳がお金を借りたいときは、プロミスのような大手消費者金融がありますし、学生ローンも利用できます。

利用目的が決まっていて低金利でお金を借りたいなら、銀行や信用金庫の目的ローンもおすすめです。

ただ、20歳未満でお金を借りてしまうと「お金が足りないと借りればよい」など借金癖がついてしまいます。

今回の記事を参考に、お金を借りるときは計画的な利用を心がけ、怪しい話や勧誘に乗らないようにしてください。

この記事を書いた人

永江将典
1980年愛知県小牧市生まれ。2003年早稲田大学理工学部応用物理学科卒業後に公認会計士試験に合格し監査法人トーマツへ入社。その後トヨタ自動車経理部に転職し、2012年に独立開業。2018年に法人化し事務所名を税理士法人エールへ変更。YouTube登録者数約9万人(2024年現在)
SNS:X(旧Twitter) Instagram Facebook
公認会計士登録:東海会29454号、税理士登録:名古屋税理士会122454号