5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_m[1]

こんにちは。
北名古屋市の税理士事務所です。

以前私が美容業界の会社をしていた時のことです。
私は社長と2人で会社経営していました。

私が経理関係の判断、社長は営業関係の判断をしていました。
社長は経理のことって正直あまりよく分からないのです。
ただ、経費を使うたびに「節税だから、節税だから」と言っていました。
店舗改装をしても「節税になるから」と。

最初は何を言っているのか全然分からなかったですが、お金を使えばその分税金が安くなると思い込んでいたようです。

ちなみに店舗改装は資産になるので一回で経費にはなりません。

というより、節税も何も会社はびっくりするくらいの赤字だったので、節税の意味は全くありませんでした。
青色申告の提出もしていたので赤字は来期以降にも繰り越せるのですが、それ以前に今月支払うお金が支払えるのか、給料が払えるのかの方が不安な状況で何を言っているのか・・・

毎回「節税の前に儲かることを考えないと節税の意味はない」と言っていましたが、どうも分からないようでした。

ただ、そういう社長は結構たくさんいらっしゃるようです。
「どうして資金繰りは厳しいのに税金はこんなにたくさん払わないといけないのか」「赤字になったら会社はつぶれると思っている」など。

こういう方も試算表などの書類を使って一から説明していくので、今の会社の状況がしっかりと把握できると思います。

是非ご相談ください。

節税