48186079ad4699423a6fa6860e12e5a7_m[1]

こんにちは。
北名古屋市の税理士事務所です。

個人事業主の方でたまに「個人事業主(自営業)だと無申告でも税務署にばれない」と思っている方がいらっしゃいます。
また、個人事業主の方の中にはそもそも開業届を出していない、開業届を出すことも知らない、確定申告って聞くけど何なのかよく分からないからなにもしていない。などの方もいます。

ただ法人であっても個人事業主であっても一定期間無申告の状況が続くと税務署から電話が掛かってきたり、突然税務調査がある場合もあります。

無申告が税務署にばれるケースとして、取引先に税務調査があってそのまま無申告が発覚したというケースも聞きます。

また、無申告の場合は収入がない、ということになるので「収入なくて生活できるのか」という税務署の疑問からだと思います。

よく聞くケースでは、個人事業主(自営業)だからと言ってばれない、ということではなく、取引先の税務調査で判明してしまうケースも多いです。
無申告の状況がバレてから確定申告をすると、資料が足りなくて本来の税金よりも多い税金を支払わないといない、ということもあります。
それにプラスして延滞税や重加算税などの金額も上がりますのでなるべく早めに税理士に依頼して申告しましょう。

個人事業主の無申告