社員族行に行く時はここに注意

長引く不況で社内の親睦を深める為にも社員族行にいって決算対策するのも、

有効です。

社員族行は要件を満たせば福利厚生費として経費に計上出来ます。

1 旅行に要する期間が4泊5日以内

海外旅行の場合には目的地よりますが満在日数4泊5日以内

2 旅行に参加する従業員の人数が全従業員の50%以上である

工場や支店別の場合にはその工場や支店の従業員の50%以上

3 会社通念上旅行費用が妥当であること

上記の要件を満さない場合は社員に対する給与として所得税が、

課される場合があります。

Attantion:

 1 旅行の不参加者に旅費見舞の金銭を支給する時

仕事の都合での不参加な場合、不参加者は給与課税、

参加者に課税なし、任意で不参加な都合、不参加者及び参加者に、

給与課税

2 旅行費用が不相当に高金額名時

一人当たりの費用が10万円を超えると、金額が給与として、

課税される場合がある。

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。