生命保険を活用して節税

生命保険のなかに、一定の要件のもとに支払保険料の全部は一部が損金になり、

解約時には相当の解約返戻金が戻ってくるように保険があります。

このような保険に加入出来れば、

期末までに保険料を年払いすることに1年間の支払保険料を損金する事ができ、

将来の解約時まで当期の利益を繰り延べが出来ます。

Advice>
生命保険による節税は利益の繰り延べから、解約返戻時に繰り延べた利益が一時に計上することになります。

解約にはいくつかの対策を考えておく必要です。

役員的には早期の解約では解約返戻率(解約返戻金額÷支払保険)が少ないので、

長期的には掛け糸売ける事を前提に、解約返戻率が Pick になる時に解約するように設計したものです。

たまに大きな利益が出る、と言うような単年度の対策に馴染まず、

長期的な計画が必要である。

Point:

節税目的だけでなく、

本来の保険の目的である、実際に社長に万が一のことがあった場合、

それは大変である。

その時に借入金の返済、従業員への給与他、当面の運転資金など、

十分保障を確保しておくとより良いですね。

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。