繰越欠損金を上手に使う節税

欠損金還付制度が復活とは・・・!?

欠損金は税務上の赤字のことです。
実はこの税務上の赤字と決算書の当期損失額とは異なるんです。。

欠損金の税務上の活用方法には 2 種類あります。

欠損金の繰越控除です

欠損金を7年間にわたって繰り越すことが可能なのです。

この間に所得が発生したら、欠損金と相殺できます。
しかしこの場合、欠損金額が生じた事業年度において青色申告である確定申告書を、
提出する必要があります

欠損金還付制度

この制度は、長期間停止中でしたが、

昨今の不況の影響もあり、21年度の税制改正により、
中小企業者限定で復活しました!!

資金繰り重視なら断然繰戻還付です。

この制度はすぐに税金が戻ってくるので、
それはもう利用しない手はありません(笑)

ちなみに繰越控除の場合は
受けとりのに1年以上先になってしまいます。
すぐに戻ってくるのと来ないのではぜんぜん違いますよね。
資金ぐりを重視している企業ならなおのことです!!

また、繰戻還付は繰越控除に比べて要件が厳しく、下記の要件を、満たすことが必要です。

欠損金の繰戻還付の適用要件

1 中小企業者等> 資本金は出資金の額が1億円以下の普通法人等である。

2 前期、税金を払った年度も当期も連続しれ青色申告していること。

3 当期の確定申告書を青色申告により期限内に申告すること。

4 確定申告書と同時に欠損金の繰戻還付請求書を提出すること。

この機会に欠損金還付制度を調べて見てはいかがでしょうか。

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。