退職所得のある人で確定申告をすれば税金が、
戻る可能性のある人とは・・・?

1:退職時に退職所得の受給に関する申告書を提出している人の場合は、

退職手当等の支払者が所得税を計算しその退職手当などの支払の際、

所得税の源泉徴収が行なわれるため原則として確定申告は必要ありません。

しかし、退職所得の受給に関する申告書を提出していない人の場合には、
支払金額の20%がされ源泉徴収ている可能性があります。

その場合には「退職金」を受け取った受給者本人が確定申告を行なうことにより税額を精算し還付金を受取ることが出来ます。

2 退職した年の所得が少ない場合や所得控除、国民年金保険料、

や国民健康保険料の社会保険控除、生命保険料控除、配属者控除、

扶養控除、基礎控除 などの合計には、

所得控除を給与所得等から額控除しきれないことがあります。

その場合、退職所得を確定申告する差し引くことが出来なかった、

所得控除を退職所得から引くことが出来、その結果、退職、

所得の源泉徴収税の還付を受けることが出来ます。

最近では退職金の支払われない 企業も多いので
若い人たちは関係ない、と思われてるかもしれませんが
知識として持っておくとどこかで役に立つかもしれませんよ。

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。