退職所得

退職所得とは、
退職に際し勤務先から受ける一時恩給与や退職金などの所得のことです。
会社保険制度に基づいて支給を受ける退職一時金などは、退職した勤務先から支給をうけるものではないですが、
過去の勤務に基づいて一時的に支給される点では一般の退職金と一緒なので退職所得として取り扱われます。
小規模共済などの退職、廃業時に支給される一時金なども退職所得に該当します。

退職所得の計算

1 退職所得控除は勤続年数、一年未満の端数は1年に切上げ、
に応じて次のようになっています。

勤続年数が20年以下の場合「40万円×勤続年数」

しかし、算出額が80万円を下回る場合には「80万円」とします。

2 勤続年数が20年を超える場合「70万円×勤続年数-600万円」

この計算で気をつけなければならないことは

「前年以上に退職所得を受け取ったことがある」又は

「同一年中に2ヶ所以上から退職金を受け取る」

などの場合は、控除額の計算が異なります。

ご注意ください。

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。