平均課税について・・・・・

平均課税とは・・・
変動所得および臨時所得について所得税や住民税の負担を軽減するための特別な税額の計算方法です

原稿料や著作権使用料、作曲料などの年によって変動の大きい所得を変動所得といいます。

収入変動が激しい職種の人は所得税の税率を適用すると

所得金額が毎年一定している人に比べて税負担が重くなることが考えられます。

一定条件にあてはまる変動所得の人は平均課税といって、

税負担を軽減る制度を選択することが出来ます。

作家さんや作曲家さんは大変ですね~

1 平均課税の対象所得

印税、著作権料などの他に、魚獲や養殖による所得などの変動所得と

プロスポーツ選手の契約金や不動産に関する臨時所得、

などが平均課税の対象になります。

2 平均課税の適用条件

ア: 変動所得が、その年の総所得の20%以上であること。

イ: 過去2年間に変動所得がある場合は、2年間の変動所得の平均よりも、その年の変動所得が多い。

3 平均課税の計算

平均課税の計算は、変動所得の金額を5で割り、5分の1の金額へ通常の税率をかけて、

その金額を5倍して納税額を計算します。

5割ったので、低い税率で計算できることとなり、

税額を少なく押さえることが出来のです。

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。