課税売上割合は95%以上が有利です。

事業者のその課税期間中の総売上高のうちの課税売上高の、

産占める割合のことを課税売上割合と言います。

消費税額は原則として、預かった消費税から支払った消費税を差し引いて算定しますが、

支払った消費税のうち差し引ける金額は課税売上割合を基準として変わります。

例えばマンション貨貸をしていて、売上が全て非課税である場合、
課税売上割合はZEROということになります。
課税仕入がどれだけあっても、控除出きる消費税はありません。

新規にマンションを建設しても、
建設にかかる消費税は課税売上割合がゼロである以上は一切控除できないのです。

しかも、課税売上がほとんどある課税事業者が新規にマンションを建設した場合
建設にかかる消費税の全額控除が可能なので場合によっては多額の還付を受けられることにもなるのです。

土地など売却した場合は、
内容によって、該当年度は多額の消費税を納めなければならないことあるのです。

思わぬ納税が来る前に
ちゃんと考えましょう。

a href=”http://sugoigundam.jp/free/”>

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。