個別対応方式と一括比列配分方式
有利な選択をしましょう

課税売上割合95%未満になった場合、

差し引ける消費税の計算方法は
個別対応方式と一括比列配分方式の二つがあり、

有利な方を選択することが可能です。

個別対応方式

個々の課税仕入取引について区分が必要となります。

ア: 課税売上のみに対応する仕入れた対する消費税

イ:非課税売上に対応する仕入れに対する消費税

ウ:アの課税売上とイの非課税売上の両方に共通する仕入れに対する消費税

アの金額とウに課税売上割合を乗じて計算した金額の合計、

を控除対象とする方法です。イは全額控除することは出来ません。

一括比列配分方式

個別対応方式のような課税仕入の区分を行なわないで、

課税仕入等に対する、消費税に課税売上割合を乗じて計算した金額を控除対象とする方法です。

つまり個別に仕入を対応させ、

課税売上対応仕入と非課税対応、仕入の金額から、

課税売上割合と同様に算式で課税売上対応仕入割合を算出し、

それが課税売上割合よりも高くなれば、個別対応方式が有利になります、

低ければ一括比列方式が有利になります。

課税売上割合がゼロの場合

課税売上割合がゼロの場合であっても
課税売上対応する仕入があるのであれば

個別対応方式を選択すれば、全額仕入、税額控除出来ます。

どちらが自分にとってメリットがあるかどうか
両方で計算した上で判断しましょう。

a href=”http://sugoigundam.jp/free/”>

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。