最終仕入価格を引き下げて節税

期末在庫の評価方法

期末の棚卸資産の評価には個別法、先入先出法、後入先出法、

総平均的法、移動平均法、単純平均法、最終仕入原価法、売価還元法など8つの評価方法があります。

何を選ぶかは個々の自由なのですが、
特に届出をしなければならない事情がある場合を除き
最終仕入原価法が法的の評価方法とされています。

最終仕入原価法とは・・・
その事業年度の最後に仕入れた単価をもって、
期末に残っている同種の棚卸資産の評価をするというものです。

評価方法の変更

現在他の評価方法を選択していて
これから最終仕入原価法で節税する、変更する場合にはは
変更する事業年度の開始日の前日までに、
提出する必要があります。
これに関しては適用は期末からになのでその点は注意しましょう。

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。