よくある消費税の失敗事例

よく聞く消費税にまつわる失敗事例をまとめてみました。

1 個別応対方式で計算すれば有利なところを、一括比例方式で計算してしまった。

一括比例方式は2年間継続適用しなければならないため、2年分の消費税を過大に納付することになった。

2 一括比例方式が有利であるにもかかわらず、個別対応方式を選択して、

過大な消費税を支払った。

3 簡易課税選択不適用届出書の提出を失念して、ビル建設、に係る消費税還付が受けなければならなくなってしまった。

4 課税事業者選択届出書の提出を失念したため、消費税の還付を受けることが出来なくなってしまった。
そして貸到れた係る税額控除の適用を失念してしまう。

6 輸出免税売上を課税目標額に含めて税額計算してしまう。

7 輸出免税売上を課税売上割合の計算にあたって、税額売上に加えなかったことにより、
著しく低い課税売上割合で仕入控除税額を算出してしまう。

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。