営業エリア:豊明市を含む愛知県、東京都区部、岐阜県、三重県。
豊明 税理士豊明市 税理士

豊明 会計事務所

豊明 税理士事務所

ベテラン経営者の方からも選ばれています!

お客様の半分が税理士の変更で選ばれています。
豊明 税理士

お客様の声

  【四季料亭助六 女将 中村智景 さま】
  「数字はお任せしておけば大丈夫という安心感がもて、事業に集中できています。」
  毎月の面談で、自信を持って、計画的に設備投資や人材確保、経費の出費ができるように…>>続きを読む
豊明
  【株式会社華誉商事 王民 さま】
  「いつも経営者の立場で、豊富な事例から助言がもらえる。」
  初めての起業をサポートしてくれた、弊社にとっては、欠かせない存在…>>続きを読む

  【マーケティングコンサルタント 幅辰実 さま】
  「人に紹介したい!と思う税理士事務所です。」
  前の税理士と相性が合わず、年が近く相談しやすい方を探していた…>>続きを読む

セミナー情報

豊明市 税理士
  【第6回 経営者・リーダーのための決算書の基本中の基本】
  主催:人財育成プラネット様 一日で経営に必要な数字の極意が学べます♪
  日程 :平成25年10月22日
  参加料:13,000円
 
  Wincあいちにて開催。
  詳細はこちら→お申込みページ

豊明 税理士
  【はじめての独立・起業セミナー】
  主催:名古屋市青少年交流プラザ様
  日程 :平成25年6月8日、22日、7月6日
  参加料:無料 22名参加、満員御礼
  (第2回の講師を務めさせていただきました)

  名古屋市北区青少年交流プラザにて開催。
  →大きな画像を見る

豊明 税理士
  【10年先の未来を創る!10years project】
  後援:岐阜県大垣市 
  共催:株式会社Vision Partner、マーケティングコンサルタント幅辰実事務所
     当事務所の共催
  日程 :平成25年1月~7月
  参加料:60万円 15名参加

  岐阜県大垣市ソフトピアにて開催。

  →大きな画像を見る

顧問先様限定セミナー

豊明 税理士
  お客様のお役に立てるようなセミナーを毎月こっそり?開催しています。
  その一部をご紹介します。

  思わず注文してしまう!手書きPOP講座
  日程 :平成25年6月開催
  講師 :夢古道おわせを全国的な知名度にした尾鷲商工会議所伊藤先生

  →大きな画像を見る

豊明 税理士
  起業家のための「0から1を創る」事業作り9ステップ
  日程 :平成25年2月開催
  講師 :朝バナナダイエットの仕掛人でミリオンセラー作家
      朝バナナ(株)代表取締役 渡辺 仁様

  →大きな画像を見る

お問い合わせ

お問い合わせご相談は、無料ですのでお気軽にご相談ください。 お急ぎの場合はお電話にてご連絡ください。052-589-6806

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。

24時間以内に、弊所からご連絡いたします。
連絡がない場合は何らかの事情で送信ができなかった可能性があります。
お手数をおかけしますが、再度、39@tax-nagoya.jpまで直接メールにて
ご連絡いただきますようお願いいたします。

豊明市 税理士

をお探しの際は、お気軽にお問い合わせください。

豊明市 税理士

当事務所は、①相談のしやすさ②確かな節税提案力③スピード対応で選ばれていますが…
お客様からは、税理士のHPをいくつか見たが、結局よくわからないので直接会いに来た!と言われます。

税理士のサービスは形のないサービスですから、まずは今抱えているお悩みを無料相談会で私にぶつけてみて下さい。税理士探しは、婚約者探しに似ていると思います。あなたの会社のことを理解し、共に成長していけるパートナーをみつける場として、まずは無料相談をご利用いただければと思います。

※しつこい営業はありません。お客様のニーズ次第では、税理士仲間の中からもっと合う税理士さんを紹介することもあります。

コンタクト・お問い合わせ

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。

対応エリア



豊明市(とよあけし)は、愛知県名古屋市の東に隣接する市。名古屋市のベッドタウン。
桶狭間の古戦場跡のある町。市名になっている豊明の名は明治時代に前後町付近にあった豊倉屋という建物と元号の明治から採られた。

豊明町誌によれば、宮中の年中行事の豊明節会から嘉字である「豊」と「明」の2文字を採って付けられたとなっている。前後の地名は桶狭間の戦いのあと、織田方の雑兵が褒賞をもらうために自分が倒した敵方の兵士の首を切り取って、前と後に振り分け荷物のようにして肩に担いだという逸話から由来されるというのが最も有名だが信憑性は薄く、実際は江戸時代はじめに親村の間米から見て南に位置したので『前郷(前:南の意味)』と呼ばれた地域が、やがて『ぜんごう』と呼び方が変わり
、江戸時代末に『前後』と記され、明治時代に現代のように『ぜんご』と呼ぶのが一般的になったというのが有力(豊明市生涯教育課談)。

前後駅北側に仙人塚という地名もあるが、古来合戦の戦死者を弔った場所とされ「戦人塚」といっていたものを「戦人」の字を嫌って、仙人塚と表記される。それを裏付けるかのように宅地開発の折に当時の人骨が多数出てきた。毎年6月に開催される桶狭間古戦場祭は、その「戦人塚」や、中京競馬場前駅近くの高徳院を中心に行われる。


永禄3年(1560)5月19日、桶狭間の戦いが行われ、尾張の小大名・織田信長が東海の雄・今川義元の大軍を破る大金星をあげました。当時は戦国末期。力のある大名は京都にのぼって天皇に認められ、もう名ばかりの存在となっている室町幕府に代わって天下に号令したいと考えていました。そして東海の雄といわれた今川義元はまさに今京都へ行こうと兵を動かしますが、通り道に尾張の織田がいました。しかし織田は今川から見ればごくごく小さな勢力。戦闘というほどのものも必要無いであろうと考えていたかも知れません。

今川の大軍がやってくる。
その知らせを受けた清洲城の織田家重臣たちは「かくなる上は籠城して頑張るしかない」と口々に言います。その言葉を聞いて無言の信長。彼は結論を出さないまま重臣たちを解散させ、敦盛を舞います。

そして深夜。信長は突然出陣の準備を命じます。集まったのはほんのわずか数百名。その僅かの手勢の一部を別働隊に任命。彼らに急ぎ遠く離れた城を急襲させます。今川は織田がそちらを攻めて来たか?と大軍をそちらに向けますが、その隙に織田本隊は一路今川義元が陣取る桶狭間の山の上を目指していました。

豊明市の花

ひまわり。太陽に向かって明るく力強く咲く花ひまわりを、市勢を象徴する花として、市政1周年記念に公募し、昭和48年8月1日に決定されました。ヒマワリ(向日葵、学名:Helianthus
annuus)はキク科の一年草である。日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)と呼ばれることもある。種実を食用や油糧とするため、あるいは花を花卉として観賞するために広く栽培される。ヒマワリは夏の季語である。

豊明市の税理士 豊明市の税理士