営業エリア:稲沢市を含む愛知県、東京都区部、岐阜県、三重県。
稲沢 税理士稲沢市 税理士


稲沢 会計事務所

稲沢 税理士事務所

ベテラン経営者の方からも選ばれています!

お客様の半分が税理士の変更で選ばれています。
稲沢 税理士

お客様の声

  【四季料亭助六 女将 中村智景 さま】
  「数字はお任せしておけば大丈夫という安心感がもて、事業に集中できています。」
  毎月の面談で、自信を持って、計画的に設備投資や人材確保、経費の出費ができるように…>>続きを読む
稲沢
  【株式会社華誉商事 王民 さま】
  「いつも経営者の立場で、豊富な事例から助言がもらえる。」
  初めての起業をサポートしてくれた、弊社にとっては、欠かせない存在…>>続きを読む

  【マーケティングコンサルタント 幅辰実 さま】
  「人に紹介したい!と思う税理士事務所です。」
  前の税理士と相性が合わず、年が近く相談しやすい方を探していた…>>続きを読む

セミナー情報

稲沢市 税理士
  【第6回 経営者・リーダーのための決算書の基本中の基本】
  主催:人財育成プラネット様 一日で経営に必要な数字の極意が学べます♪
  日程 :平成25年10月22日
  参加料:13,000円
 
  Wincあいちにて開催。
  詳細はこちら→お申込みページ

稲沢 税理士
  【はじめての独立・起業セミナー】
  主催:名古屋市青少年交流プラザ様
  日程 :平成25年6月8日、22日、7月6日
  参加料:無料 22名参加、満員御礼
  (第2回の講師を務めさせていただきました)

  名古屋市北区青少年交流プラザにて開催。
  →大きな画像を見る

稲沢 税理士
  【10年先の未来を創る!10years project】
  後援:岐阜県大垣市 
  共催:株式会社Vision Partner、マーケティングコンサルタント幅辰実事務所
     当事務所の共催
  日程 :平成25年1月~7月
  参加料:60万円 15名参加

  岐阜県大垣市ソフトピアにて開催。

  →大きな画像を見る

顧問先様限定セミナー

稲沢 税理士
  お客様のお役に立てるようなセミナーを毎月こっそり?開催しています。
  その一部をご紹介します。

  思わず注文してしまう!手書きPOP講座
  日程 :平成25年6月開催
  講師 :夢古道おわせを全国的な知名度にした尾鷲商工会議所伊藤先生

  →大きな画像を見る

稲沢 税理士
  起業家のための「0から1を創る」事業作り9ステップ
  日程 :平成25年2月開催
  講師 :朝バナナダイエットの仕掛人でミリオンセラー作家
      朝バナナ(株)代表取締役 渡辺 仁様

  →大きな画像を見る

お問い合わせ

お問い合わせご相談は、無料ですのでお気軽にご相談ください。 お急ぎの場合はお電話にてご連絡ください。052-589-6806

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。

24時間以内に、弊所からご連絡いたします。
連絡がない場合は何らかの事情で送信ができなかった可能性があります。
お手数をおかけしますが、再度、39@tax-nagoya.jpまで直接メールにて
ご連絡いただきますようお願いいたします。

稲沢市 税理士

をお探しの際は、お気軽にお問い合わせください。

稲沢市 税理士


稲沢市(いなざわし)は愛知県の北西部、濃尾平野中央部にある市。植木・苗木の産地として全国的に知られる。また、旧祖父江町は、全国一の銀杏の産地である。かつては旧国鉄の操車場があることでも知られた。

名古屋市へのアクセスが良いため近年ベッドタウンとしての発展がめざましく、交通の便のよさからソニーグループや豊田合成などの工場などが多い。 尾張大国霊神社(国府宮神社)や矢合観音、善光寺東海別院は、尾張地方の人々から広く崇拝を集めている。


大化の改新(645年)の後、尾張国の国府が置かれた。奈良時代には、聖武天皇の命により、国分寺・国分尼寺が建立される。尾張大国霊神社が尾張国の総社と定められる。

江戸時代は、稲葉村と小沢村の2村で脇街道美濃路の稲葉宿を構成していた。1875年(明治8年) 稲葉村と小沢村が合併して稲沢村となり、明治の大合併で町制が施行され稲沢町となった。

1906年(明治36年) 5月10日 中島郡稲沢町・一治村・国府宮村・山形村・下津村・中島村の一部・稲保村の一部・大江村の一部が合併し新たに稲沢町が成立。1947年(昭和22年) 4月5日 戦後初の第一回の府県知事・市区町村選挙においては、山田文七が稲沢町の初代町長として就任した。1955年(昭和30年) 4月15日
中島郡稲沢町・大里村、千代田村、明治村が合併し再び新たな稲沢町が成立。1958年(昭和33年) 11月1日 県内で22番目の都市として市制を施行し稲沢市となった。1982年(昭和57年) 4月1日 市章を制定する。[1]2005年(平成17年) 4月1日 中島郡平和町・祖父江町を編入。2008年(平成20年)
11月に、市政50周年にあたり、マスコットキャラクターを『いなッピー』[2]に決定。2011年(平成23年) 12月に、大里西地区のまちづくり推進協議会発足30周年を記念してゆるキャラ『サトピー』作成。


稲沢市の花 

キクは、ふくいくたる香りと上品な美しさが心に融けこみ、日本人に親しまれている草花です。 昔から災厄を除き、延命長寿、繁栄を表徴し、高貴な香り高い美しい花として尊ばれてきました。 花形、色彩、花の大きさ、草姿の素晴らしさはもちろんのこと、食用などにも幅広く利用されています。
また、四季それぞれに咲く種類、品種が次々と作り出されて多様化し、日常生活の中に生き続けている花です。 市内には、全国有数のキクの生産地をもち、伝統技術の保存と継承によって生産される品種は、常に高い評価を受けています。


イエギク(家菊、学名 Chrysanthemum × morifolium syn. Chrysanthemum × grandiflorum Kitam.)は、キク科キク属の植物。野生種は存在せず、中国で1500年ほど前にチョウセンノギク(C. zawadskii var. latilobum)とハイシマカンギク(C. indicum var.
procumbens)を親に交配によって生まれたとされている。秋に咲く花であるが、短日性植物で、電照などを用いた作型の分化により、周年供給されている(電照菊を参照)。食用にする「もってのほか」などの品種もある(食用菊を参照)。花言葉は「高貴」である。一般に、日本で観賞用多年草植物として発展した系統、品種群を和菊、西ヨーロッパに渡り育種されて生まれた系統、品種群を洋菊と呼ぶ。一般に洋菊のほうが丈夫である。鑑賞園芸的には和菊、生産園芸的には洋菊が中心に栽培されている。また、切花としては温室での電照栽培で周年出荷されている。バラ、カーネーションとともに生産高の多い花卉である。

稲沢市の税理士 稲沢市の税理士

無料相談対応エリア:稲沢市
営業エリア:稲沢市