特別償却と税額控除どちらを選択すれば良いか?

特別償却と税額控除はどちらか一方を選択する事になるんですが、

どちらをするのが良いか迷いところです。

両方の計算をして見るより税額が安くなる方を選べば良い良いの?

確かにそれも選択肢の一つである。

しかも、特別償却というのは初年度に2年目以上降の減の、

価償却費を先取りする制度であって、対象資産減価償却出きる総額は変わらない。

一方税額控除を選択すれば、税額の控除を受けた上、さらに通常の減価償却は、

そのまま行う事が出来るので、totalでは税額控除分だけ途得する勘定になる。

Point:特別償却を選択しても税額控除を選択しても、償却費の総額、

はどちらも全く同じなのですから、長い目で見れば二本立てとも言える、

税額控除を選択する方が有利と言います。

選択は会社の資産金繰り次第!!

会社の利益の状況にもよりますが、単年度で考えた場合、

高額な資産である、特別償却による節税効果は大きいものになります。

税額控除の場合は、法人税額の20%を限度され会社の資金繰りの、

関係からとにかく税額が安くなる方でしたら、特別償却を選択することも、

ある。それぞれ、シミュレーションした上で納税資金、資金繰りを、

を検討しどちらを選択するか決めたほうが良い。

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。