なんでも相談できる税理士とは?

お客様に聞いてみました。

お客様の声

選ばれている理由を聞いてみました。

選ばれている理由

よくある相談内容です。

よくある相談内容です。

無料相談会開催中!

うちの事務所は、①相談のしやすさ②確かな節税提案力③スピード対応で選ばれていますが…
お客様からは、税理士のHPをいくつか見たが、結局よくわからないので直接会いに来た!と言われます。

税理士のサービスは形のないサービスですから、まずは今抱えているお悩みを無料相談会で私にぶつけてみて下さい。税理士探しは、婚約者探しに似ていると思います。あなたの会社のことを理解し、共に成長していけるパートナーをみつける場として、まずは無料相談をご利用いただければと思います。

※しつこい営業はありません。お客様のニーズ次第では、もっと合う税理士さんを紹介することもあります。

コンタクト・お問い合わせ

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。

対応エリア

戦国時代末期まで現在の境川が木曽川であり、当時の木曽川より南側であった現在の岐南町域は尾張国葉栗郡であった。 しかし(1585年)木曽川は大洪水を起こして流れが変わり、現在の境川の場所を流れていた木曽川は南方へ移動してしまった。豊臣秀吉は新たな流れを美濃尾張の境とし、尾張の葉栗郡と中島郡の一部を美濃に編入した。(美濃の羽島郡というのは、尾張の葉栗郡と中島郡の一部が美濃へ移った地域である)
沿革 [編集]
1897年(明治30年)4月1日
野中村、三宅村、伏屋村、若宮地村、平島村が合併し上羽栗村となる。
下印食村、徳田村、上印食村、薬師寺村が合併し八剣村となる。
1956年(昭和31年)9月26日 八剣村・上羽栗村が合併し岐南村となる。
1956年(昭和31年)10月1日 町制施行。岐南町となる。