割増償却を活用して節税

今期は注文が殺到し連日の残業でやっと仕事をこなした。

利益も上げ、まずは良かった。でも税金がと言う会社の社長さん。

また得意先からの発注単価を切り下さげる、簿利を残業し仕事の、

時間を増やすことでカバーしているというのはよくある。

こんな時生産手段として機械装置を使用している企業はその償却率を、

一時的に増加させる、増加償却の制度があります。

残業などのよる、通常8時間使用するところを12時間使用した場合、

当然機械装置の消耗も激しくなるのでその分償却費も多めにする。

Points;-

1 増加償却出きる資産は機械装置である。

2 増加償却割合が10%以上であること。

3 個々の機械装置の使用時間が不明の時は、

合理的な方法による推計によってもよいこと。

4 申告書の提出期限までに所定の届出書を提出するところ、作業、

日報や作業指示書などの超過使用したことを証す書類を保存している事、

が必要である。

お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせは、下記のフォームにて承っております。

相談内容
お名前 (例)山田 太郎
フリガナ (例)ヤマダ タロウ
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
※無料相談をご希望の場合は、希望する曜日や時間帯をご記入ください。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。